特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナワクチン 接種状況調査、自民に依頼 政府、派閥の情報網期待

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワクチン接種を巡る自民党派閥議員の役割
ワクチン接種を巡る自民党派閥議員の役割

 政府は、自民党の派閥所属議員に対し、高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種に取り組む市町村や医師会の状況調査を行うよう依頼した。菅義偉首相が掲げた「7月末までの接種完了」の実現に向け、政府が派閥の情報収集力を頼るのは異例だ。ただ、全国を網羅できないなど穴も多く、「実効性は不透明」との指摘もある。

 「河野太郎行政改革担当相が、市町村や地元の医師会への力添えをしてくれと国会議員を回っている。協力をお願いしたい」。竹下派会長の竹下亘元総務会長は13日の派閥会合で、聞き取り調査への協力を呼びかけた。麻生派の麻生太郎副総理兼財務相も派閥会合で「きっちりがんばっていただきたい」と要請。各派閥は一斉にワクチン調査に乗り出している。

 背景には、ワクチン接種に向けた市町村の動きが鈍いことへの政府の危機感がある。市町村によっては、医師会との連携がうまくいかず、7月末の接種完了が危ぶまれるとの情報が寄せられていた。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1085文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集