特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

描いた夏、ほど遠く ボランティア、不安と怖さ 日本在住の独・社会学者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京オリンピック・パラリンピックでは大会組織委員会が募集する「大会ボランティア」、東京都などが募集する「都市ボランティア」を合わせて10万人以上が活躍する見通しだ。ところが、日本在住の社会学者で大会ボランティアに応募したバーバラ・ホルトス・ドイツ日本研究所副所長は「新たな災害ボランティアのようにすら思える」と話す。真意を尋ねた。【聞き手・田原和宏】

 私が副所長として日本に赴任したのが2018年。「2 Years to Go(開幕まであと2年)」のキャンペーンが盛り上がり、その年9月から史上最大規模のボランティア募集が始まりました。「一生忘れられない夏に、きっとなる。」というキャッチフレーズもあって、ボランティアに応募しました。社会学者としても五輪がどのように運営されるのか興味がありました。

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1474文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集