本土復帰49年 今も続く不条理 「沖縄へ返せ」憤り歌に乗せ

埋め立て工事が進む辺野古沿岸部の海=沖縄県名護市で2021年5月13日午前10時53分、喜屋武真之介撮影

 <かたき土を破りて 民族の怒りに燃ゆる島 沖縄よ>。沖縄の反基地運動の現場で歌われる「沖縄を返せ」。米国統治下にあった沖縄での本土復帰を求める集会などで歌われたが、今は歌詞の一部を「沖縄へ返せ」と替えて歌い継がれている。「沖縄を」から「沖縄へ」。日本への復帰から15日で49年となったが、今も続く不…

埋め立て工事が進む辺野古沿岸部の海=沖縄県名護市で2021年5月13日午前10時53分、喜屋武真之介撮影

あわせて読みたい