特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

首相、10分で決断「もういいじゃない」 3道県追加の舞台裏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急事態宣言の対象に3道県を追加することなどが話し合われた基本的対処方針分科会=東京都千代田区で2021年5月14日午前7時2分、手塚耕一郎撮影
緊急事態宣言の対象に3道県を追加することなどが話し合われた基本的対処方針分科会=東京都千代田区で2021年5月14日午前7時2分、手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルス感染症に対応する緊急事態宣言の対象に14日、北海道、岡山、広島の3道県が急きょ加わることが決まった。政府は当初、群馬などを含む5県に「まん延防止等重点措置」を適用するよう諮問したが、より強い感染対策を求める専門家が強く反発。政府案が土壇場で覆されるという異例の展開をたどった。 

菅氏「専門家の意見を尊重しよう」

 「北海道、岡山、広島は緊急事態宣言に格上げすべきだ」。14日の基本的対処方針分科会で真っ先に議論の口火を切ったのは、日本医師会の釜萢(かまやち)敏常任理事だった。配られた感染状況を表す資料は、自治体ごとに、ステージ3(感染急増)を示す黄色、ステージ4(感染爆発)を示す赤色に区分けされていた。

 これを見た委員から「もう黄色じゃなくて赤。(宣言に準じた)まん延防止等重点措置でいいのか」などと異論が噴出。西村康稔経済再生担当相は分科会を中座し首相官邸に駆け込んだ。途中経過を聞かされた菅義偉首相はこうつぶやいた。「もういいじゃない。それが専門家の意見でしょ」。決断まで10分もかからなかった。

 この議…

この記事は有料記事です。

残り2546文字(全文3011文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集