FB主導の仮想通貨「ディエム」 米ドル裏付け発行目指す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
フェイスブックのロゴ=AP
フェイスブックのロゴ=AP

 米フェイスブック(FB)が主導する仮想通貨(暗号資産)「Diem(ディエム)」(旧リブラ)の運営団体ディエム協会は12日、スイス当局への発行認可申請を取り下げ、主要事業を米国に移転したと発表した。米金融機関と提携し、米金融当局の監督下で米ドルを裏付けとする仮想通貨「ディエムUSD」の発行を目指す。当初は法定通貨の枠を超えた「世界通貨」の発行を目指したが、米金融規制の範囲内に入る枠組みに収束した。

 ディエム協会が公表した計画によると、同協会は仮想通貨取引を手掛けるカリフォルニア州のシルバーゲート銀行と提携し、仮想通貨の発行と、裏付けとなるドルの管理を委ねる。ディエムUSDの決済システムを運営する「ディエム・ネットワークスUS」は、米金融犯罪取り締まりネットワーク(FinCEN)の監督下に入り、マネーロンダリング(資金洗浄)などの不正利用防止の取り組みを進める。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文796文字)

あわせて読みたい

注目の特集