志摩でアワビ壊滅的不漁 「磯焼け」が原因? 三重県が調査へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
三重県鳥羽市石鏡町で海女の大野愛子さんが捕ったアワビ(本人提供)
三重県鳥羽市石鏡町で海女の大野愛子さんが捕ったアワビ(本人提供)

 「貝類の王様」とも言われる最高級食材のアワビが、太平洋に面した三重県志摩市の漁場で壊滅状態になっていることが、海女や漁協関係者の証言で明らかになった。海女たちは「アワビの餌となる海藻が近年、めっきり減少し、『磯焼け』が起きかけているのでは」と心配し、「このままでは廃業する海女も出かねない」と窮状を訴える声も出始めた。これらの声を受け、県水産研究所(志摩市浜島町)は、県内各漁場の現地調査を始めた。【林一茂】

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1061文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集