特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

第4波の感染経路に変化 「まん延防止」遅れ人出減らず 札幌

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
札幌市時計台=札幌市中央区で、竹内幹撮影
札幌市時計台=札幌市中央区で、竹内幹撮影

 札幌市内の新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めが掛からず、日別感染者数の過去最多更新が続くのはなぜか――。今回の「第4波」は昨年の「第3波」では見られなかったクラスター(感染者集団)や感染経路に特徴の違いがあり、専門家は「まん延防止等重点措置の適用が遅れ、人出が減っていないことが要因」と分析する。

 市内の直近1週間の10万人当たり新規感染者数は13日時点で「110・1人」となり、初めて100人を突破した。市は独自に全国の政令指定都市の感染者数を分析しており、12日時点で、同じく感染が広がっている福岡市や大阪市の数値を超えた。秋元克広市長は「全国の政令指定都市で最も厳しい状況にある」と焦りを見せる。

 感染者の最多更新が続く中、市内のコロナ患者用病床は使用率9割超えが続く。市外搬送も増えており、市幹部によると、留萌市や深川市の公立病院まで搬送したケースもあるといい、過去最悪の状況となっている。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文943文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集