特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「腹が立つ」「びっくり」 茨城・城里町長らの接種に疑問の声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で自身のワクチン接種について説明する上遠野修町長=茨城県城里町役場で2021年5月13日、川島一輝撮影
記者会見で自身のワクチン接種について説明する上遠野修町長=茨城県城里町役場で2021年5月13日、川島一輝撮影

 新型コロナウイルスのワクチンを巡り、茨城県城里町の上遠野(かとうの)修町長(42)らが接種を受けていたことが明らかになった13日、町民からは疑問を呈する声などが相次いだ。この日、町は会見を2回開催、発表内容に食い違いが発生するなど、混乱が起きた。

 町は同日午前9時に会見を開催。報道陣に経緯を説明したが、「参加できない社があった」として、2時間半後に再度開催した。

 町の説明によると、接種を受けた町関係者29人のうち、上遠野町長ら12人は、医療従事者向け接種でキャンセルが発生したことを受け、ワクチンの廃棄を避けるために、上遠野町長らは医療従事者、高岡秀夫教育長(65)は学校の教職員の枠で接種を受けた。これまで公表しなかった理由について、上遠野町長は「医療従事者が接種を受けるのは当たり前」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文938文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集