ウルトラマンが怪獣のパパに 円谷プロとNetflixがアニメ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長編CGアニメ映画「Ultraman(原題)」ティザーアート= (c)円谷プロ・Netflix提供
長編CGアニメ映画「Ultraman(原題)」ティザーアート= (c)円谷プロ・Netflix提供

 円谷プロダクションは14日、長編CGアニメ映画「Ultraman (原題)」をNetflixと共同製作すると発表した。両者はこれまでもアニメシリーズ「ULTRAMAN」(シーズン2を発表済み)を共同製作している。

 監督はシャノン・ティンドル、脚本はティンドルとマーク・ヘイムズ、製作会社は円谷プロダクションとインダストリアル・ライト&マジック (ILM)。

 ウルトラマンに変身するのは、野球界のスター選手サトウ・ケン。地球を守るヒーローの役割を担うべく日本に帰国したが、「宿敵」の子である怪獣の赤ちゃんの養育を任されるという思いもよらない事態に。チームの一員として、新米パパとして奮闘しながら、自分の中にあるエゴや、疎遠になっている父、過激な怪獣防衛軍の台頭と向き合い、ウルトラマンであることの本当の意味を見いだす――というストーリー。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文539文字)

あわせて読みたい

注目の特集