連載

週刊テレビ評

報道やドラマ、バラエティーまで5人の識者がテレビを読み解きます。

連載一覧

週刊テレビ評

「赤木ファイル」国が存在認める それでも真実から逃げるのか=金平茂紀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 それは予想をはるかに超える強い反応だった。森友問題に絡み、財務省の公文書改ざんに関与させられ、自責の念から心の病に陥った末に自殺した近畿財務局元職員・赤木俊夫さん(享年54)。彼が生前に改ざんの経緯を詳細に書き記していたいわゆる「赤木ファイル」の存在をめぐって放送した「報道特集」(TBS系、1日放送)が終わるや、すさまじい量の共感・支持の声が届いたのだった。

 僕も直接取材に関わったので、コロナ禍が長期化する中、人々はまだ森友公文書改ざん事件を忘れていないのだ、という思いを再確認することとなった。とりわけ、赤木さんの直接の上司・池田靖統括官(当時)への路上での直撃取材は強烈なインパクトを残したようだった。

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1029文字)

あわせて読みたい

注目の特集