連載

松沢一憲の新・Vライン

後半盛り返した馬に注目する「Vライン」を考案した松沢一憲さんによる予想。

連載一覧

松沢一憲の新・Vライン

父譲りの決め手発揮 マジックキャッスル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 過去10年、馬連で3万馬券と4万馬券が飛び出し、2015年に記録した3連単2070万馬券はGⅠ史上最高配当。2けた人気が馬券に絡むことが珍しくなく、なんとも難解な一戦となっている。

 路線別は阪神牝馬S組が8連対でトップ。3連対で中山牝馬S組が続き、2連対の大阪杯組の順。上記3路線ならそこでの成績に関係なく巻き返しが可能となっている。

◎GⅠ4勝のグランアレグリアの能力上位は明らかだが、気になるのは前走道悪の阪神2000メートルを激走した疲れ。わずかだがつけ入る隙(すき)がありと見てマジックキャッスルで勝負する。前走の阪神牝馬Sは直線でスムーズに追えなかったが、上がり32秒4の鬼脚で迫った。2000メートルで重賞制覇しているが、父ディープインパクト譲りの決め手を生かすにはマイルが一番。薫風の府中でGⅠ奪取を決める。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文593文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集