連載

イブニングzoom

毎日新聞デジタルの「イブニングzoom」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

イブニングzoom

輪廻を感じる縁の輝き 音楽家・宇崎竜童 阿木、百恵と駆け抜けた昭和

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 明治大の和泉キャンパス校門で軽音楽クラブに入部したばかりの18歳の宇崎竜童は新人勧誘をしていた。東京五輪半年前の1964年春。同年齢の新入生に目がくぎ付けになる。「出会った瞬間、俺の嫁じゃんと思った」。勧誘に成功、後の作詞家、阿木燿子だった。

 一目ぼれとは違う不思議な感覚。「小学生の頃から嫁探しをしていた。転校生を嫁だと。変なガキだった」と現在、75歳の宇崎は振り返る。

 出生は紙一重だった。45年夏、京都に疎開した宇崎の母は身ごもる。だが既に7人の子がいた。戦局は悪化をたどる。8月14日、母は祖母と相談、中絶を決めた。

この記事は有料記事です。

残り1948文字(全文2211文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集