連載

伝書鳩

愛知、岐阜、三重の記者によるコラム。

連載一覧

伝書鳩

20年の重み /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「もう20年か……」。三重県南部の紀北町白浦沖でマダイ養殖を営む世古昌英さん(53)。久々に再会すると、熊野灘に面する大白浜を遠望しながら、しみじみと言った。

 この浜に原発を――。過疎化で疲弊する町の振興を原発マネーに頼ろうとする推進派の仕掛けで2001年、住民投票が行われた。当時、その行方を取材した。世古さんら若手の漁業者は安全性などに懸念を抱き、反対の立場で闘った。結果は大…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集