「FBI詐欺」阻止で感謝状 70代男性に英文メール、振込先に不審抱く りそな銀千本支店行員 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
有吉卓也署長(右)から感謝状を受け取る中浜さん=中京署で、千金良航太郎撮影
有吉卓也署長(右)から感謝状を受け取る中浜さん=中京署で、千金良航太郎撮影

70代男性に英文メール「犯罪容疑回避に49万円」

 特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、中京署は14日、りそな銀行千本支店(京都市中京区)の行員、中浜愛さん(29)に感謝状を贈った。同市北区の70代男性が、FBI(米連邦捜査局)に現金を振り込もうとしたのを不審に思ったという。中浜さんは以前、対応した顧客が詐欺にあってしまったことがあったといい「反省を生かし、今回は入念にチェックした。被害を止められて良かった」と振り返った。【千金良航太郎】

 同署などによると、男性は4月14日に支店を訪れ、現金25万円を振り込もうと窓口に振込用紙を持ってきた。対応に当たった中浜さんが理由を尋ねると「FBIにお金を振り込みたい」などと説明したことから、上司や同僚に相談。振込先は、ゆうちょ銀行の京都市内にある支店の口座で、FBIとは関係ないとみられる名義だったという。

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文1023文字)

あわせて読みたい

注目の特集