ハッカー集団「ダークサイド」活動停止か 米石油パイプラインを攻撃

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
被害にあったコロニアル・パイプライン社の貯油施設=AP
被害にあったコロニアル・パイプライン社の貯油施設=AP

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは14日、米最大級の石油パイプライン運営会社にサイバー攻撃を仕掛けて操業停止に追い込んだとされるハッカー集団「ダークサイド」が活動を停止したと報じた。「米捜査当局などの妨害行為」により、運営に必要なインターネット設備に接続できなくなったのが理由という。情報セキュリティー大手「ファイア・アイ」などの分析として伝えた。

 同紙によると、ダークサイドのウェブサイトは13日から閲覧ができなくなっている。同紙は「捜査当局がどんな役割を果たしたのかは不明」としている。一時的に活動を停止しても、別の名前で違法行為を再開する可能性があるとも指摘している。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文511文字)

あわせて読みたい

ニュース特集