ガザのAP通信入居ビル空爆 イスラエル軍事前警告、死傷者なし

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イスラエル軍のミサイルが建物に命中し炎と煙を上げた瞬間。建物にはAP通信やアルジャジーラの支局が置かれていた=パレスチナ自治区ガザ地区で2021年5月15日、AP
イスラエル軍のミサイルが建物に命中し炎と煙を上げた瞬間。建物にはAP通信やアルジャジーラの支局が置かれていた=パレスチナ自治区ガザ地区で2021年5月15日、AP

 イスラエル軍は15日午後(日本時間同日夜)、パレスチナ自治区ガザ地区でAP通信の支局などが入居する建物を空爆し破壊した。攻撃前に警告が出されたことから、入居者は脱出し死傷者は出ていないという。イスラエル軍は建物にイスラム組織ハマスの情報機関が入っていたことから空爆対象にしたと説明しているが、外国メディアも入居していた建物を攻撃したことは物議を醸しそうだ。

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1061文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集