連載

新・コンサートを読む

梅津時比古・特別編集委員の「コンサート」にまつわるエッセー。

連載一覧

新・コンサートを読む

川村英司の卒寿記念「独唱会」 時間から自由に=梅津時比古

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自分の死は見ることができないので分からないが、他人の死は認識できる。自分の年齢は自分で分かるが、他人の年齢は自分が体験することができないので分からない。90歳と20歳と、どう違うのだろうか。

 バリトン、川村英司(えいし)の卒寿記念の「独唱会」を聴いた(4月23日、東京・豊洲シビックセンターホール)。共演のピアノの小林道夫も米寿である。

 一般的に、年齢は周りの社会の通念が規定するものと心得てはいたが、その規定に基づいた予想が、ここまで覆されるとは思わなかった。第一声から、いわゆる通念上の感覚で言えば、恐ろしく若い。

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1291文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集