特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

体操 NHK杯 村上V、連続五輪切符 女子4人、団体総合代表決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
優勝した村上の床運動の演技=宮間俊樹撮影
優勝した村上の床運動の演技=宮間俊樹撮影

 今夏の東京オリンピックの代表選考会を兼ねた体操のNHK杯は15日、長野市ビッグハットで女子個人総合が行われ、村上茉愛(日体ク)が3回目の優勝を果たし、2大会連続の代表入りを決めた。このほか、2位の畠田瞳(セントラルスポーツ)、3位の平岩優奈(戸田スポーツク)、4位の杉原愛子(武庫川女大)の計4人が五輪の団体総合メンバーに選ばれた。

 NHK杯は4月の全日本選手権の予選、決勝とこの日の得点の合計で争われ、上位3位までが自動的に五輪の団体総合メンバーに決まる。全日本覇者の村上は段違い平行棒でミスがあったが、総合成績168・030点で頂点に立った。

この記事は有料記事です。

残り1705文字(全文1979文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集