バイデン米大統領 武力衝突沈静化目指しイスラエル・パレスチナ双方と協議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領=ホワイトハウスで2021年5月13日、AP
バイデン米大統領=ホワイトハウスで2021年5月13日、AP

 イスラエルとパレスチナの暴力の応酬が激化する中、バイデン米大統領は15日、イスラエルのネタニヤフ首相、パレスチナ自治政府のアッバス議長とそれぞれ電話で協議した。アッバス氏との電話協議は大統領就任後初めて。

 ホワイトハウスによると、バイデン氏はアッバス氏に対し「2国家共存」を支持する考えを伝えた。一方、ガザを実効支配するイスラム組織ハマスによるロケット弾発射につい…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集