特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ぐんまちゃん、コロナで出番減少 SNS使い県庁内で「在宅勤務」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
SNS発信のため、自撮りするぐんまちゃん=群馬県庁で2021年4月22日午前10時10分、妹尾直道撮影
SNS発信のため、自撮りするぐんまちゃん=群馬県庁で2021年4月22日午前10時10分、妹尾直道撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、群馬をPRする県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」の出番が減っている。2020年度は当初、最大900件のイベント参加などを目指していたが、相次ぐ中止で結局は2割の184件にとどまった。しかし、嘆いてばかりもいられない。県庁内での“在宅勤務”でSNS(ネット交流サービス)を使った情報発信に精を出すなど、あの手この手で県のイメージアップに励んでいる。【妹尾直道】

 ぐんまちゃんは、全国のご当地キャラが集う14年の「ゆるキャラグランプリ」で優勝するなど、全国的に知名度が高い。19年に就任した山本一太知事は、ぐんまちゃんをさらに活用しようと、複数の部署にまたがっていた関連業務を20年度からメディアプロモーション課に一元化し、アニメ制作などで「ブランド化」にも乗り出した。

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1316文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集