特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大阪府のコロナ死者、累計1958人に 東京を上回る 2月3日以来

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府庁=芝村侑美撮影
大阪府庁=芝村侑美撮影

 大阪府は16日、新型コロナウイルスによる死者が新たに15人確認されたと発表した。府内の累計死者数は1958人となり、東京都(1951人)を上回って全国最多となった。大阪が最多となるのは、感染拡大の「第3波」だった2月3日以来。基礎疾患がなく、比較的若い世代にも死者が出ており、感染力が強いとされる変異株のまん延や、医療体制の逼迫(ひっぱく)が背景にあるとみられる。

 大阪府が「第4波」とする3月以降、府内では感染者が急増。3回目の緊急事態宣言が発令された4月25日以降、ほぼ連日2桁の死者が確認された。5月に入るとさらに深刻になり、11日には過去最多となる55人の死亡が判明。5月の死者数は16日時点で計502人で、月別で最多だった1月(347人)を超えている。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文838文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集