特集

サニブラウン・ハキーム(陸上)|東京オリンピック

2017年世界選手権200メートルは史上最年少の18歳5カ月で決勝進出。世界的な逸材は復調なるか

特集一覧

サニブラウン、米国での競技会を欠場 左太もも裏に疲労感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サニブラウン・ハキーム=2020年9月26日午後0時31分、小林悠太撮影
サニブラウン・ハキーム=2020年9月26日午後0時31分、小林悠太撮影

 陸上男子のサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は15日、2019年秋以来の出場となる予定だった米カリフォルニア州アーバインでの競技会の100メートルを欠場した。ウオーミングアップ中に左太もも裏に「違和感じゃなくて、ただ単に疲労がたまっている」と感じたという。「別に全然、そんな深刻でない」と明るい表情だった。

 久々のレースを迎える高揚感もあったというが…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文314文字)

あわせて読みたい

注目の特集