橋本大輝、体操ニッポン新エースへ 周囲の期待にも「僕は僕」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子個人総合で優勝し、東京五輪出場を決めた橋本大輝の鉄棒=長野市ビッグハットで2021年5月16日(代表撮影)
男子個人総合で優勝し、東京五輪出場を決めた橋本大輝の鉄棒=長野市ビッグハットで2021年5月16日(代表撮影)

 今夏の東京オリンピックの代表選考会を兼ねた体操のNHK杯は16日、長野市ビッグハットで男子個人総合が行われ、19歳の橋本大輝(順大)が初優勝し、初の五輪代表入りを決めた。

 19歳の橋本にとって東京オリンピックの代表選考レースは、数年前まで自分とは無縁だと思っていた。その舞台であら削りながらも雄大な演技で、自らの人生を切り開いた。「皆さんの支えのおかげで代表をつかみとることができた」。演技を終えて何度も頭を下げた。

 最終演技者である橋本の姿を会場は息をのんで見守った。直前の平行棒の着地が大きく乱れ、2位以下との差はほとんどないに等しかった。緊張と不安が交錯する。落下したくないという思いから力が入り、腕の疲労は限界に近かった。演技が止まる場面もあったが、何とか着地まで耐え抜いた。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文757文字)

あわせて読みたい

ニュース特集