連載

トーク

芸能人やアーティストが自身の作品について語ります。

連載一覧

トーク

並河寿美 芸文センターでオペラ「メリー・ウィドウ」出演 恋と笑い、私色のハンナを

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに応じるオペラ歌手の並河寿美さん=兵庫県西宮市で2021年4月16日、菱田諭士撮影
インタビューに応じるオペラ歌手の並河寿美さん=兵庫県西宮市で2021年4月16日、菱田諭士撮影

 兵庫県立芸術文化センター(同県西宮市)で2005年に始まった佐渡裕芸術監督プロデュースオペラの常連。この夏、レハールの喜歌劇「メリー・ウィドウ」で主人公のハンナ役を演じる。08年に共演した故・佐藤しのぶが演じた役。「しのぶさんのハンナに近づくのではなく、肩肘張らず、私なりのハンナを育てていきたい」と語る。

 物語の舞台は1900年ごろのパリ。東欧の小国の公使、ツェータ男爵は、亡き夫から巨額の遺産を相続したハンナが外国人と再婚しないか気をもんでいる。財産が国外に流れないよう、彼女を昔の恋人で書記官のダニロと復縁させようと画策する。夜会が開かれ、良い雰囲気になる2人。ところが、パリジャンのカミーユと密会していたツェータの妻、バランシエンヌをかばうため、ハンナはカミーユとの婚約を発表する。「面白おかしく楽…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1191文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集