災害時、援助届きやすく 聴覚障害者、支援者双方にバンダナ 羽織り、メッセージ発信 新宮市製作 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新宮市が製作した災害バンダナ。半分に折り、羽織って使うことができる=和歌山県新宮市役所で、木村綾撮影
新宮市が製作した災害バンダナ。半分に折り、羽織って使うことができる=和歌山県新宮市役所で、木村綾撮影

 災害時、支援を必要とする聴覚障害者らに役立ててもらおうと、新宮市が「耳が聞こえません お手伝いをお願いします」「手話ができます」などと書かれたバンダナを作った。障害のある人と支援者の双方に身に付けてもらうことで、必要な援助が届きやすくする狙いだ。【木村綾】

 バンダナは80センチ四方で、目立つように黄色にした。外見からは分かりづらい障害があることを知らせる「ヘルプマーク」と、手話対応が可能なことを…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

注目の特集