特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

自民・塩谷立衆院議員 100人を前に講演、20人と会食も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
塩谷立衆院議員=竹内幹撮影 拡大
塩谷立衆院議員=竹内幹撮影

 自民党の塩谷立衆院議員(静岡8区)が15日早朝、浜松市内のホテル宴会場(定員160人)で開かれたセミナーで、約100人を前に講演していたことが17日、毎日新聞の取材で明らかになった。塩谷氏はセミナー終了後、参加者との会食にも参加。新型コロナウイルス感染症対策に注力する政府・与党幹部(党財務委員長)で、17日に静岡県連会長に就任した塩谷氏の行動を疑問視する声が上がっている。【太田圭介】

 関係者によると、セミナーは、地元企業の経営者らで構成する一般社団法人が主催。塩谷氏は招かれて15日午前6時から「最近の国政について」をテーマに、新型コロナ対策やそれに絡む経済施策などについて語った。講演は約1時間で終了。関係者は「塩谷氏は午前7時過ぎから20人前後の参加者と一緒にホテル内のレストランで朝食を取った」と明かした。

 毎日新聞の取材に対して、塩谷氏の事務所はセミナーでの講演と会食への参加を認めた。一方、塩谷氏は東京都内から浜松市に入る前にPCR検査などで陰性を確認した▽セミナーの全参加者がマスクを着用した▽朝食時は「マスク会食」を徹底した――として、講演、会食ともに問題ないとの認識を示した。

 塩谷氏は大型連休中、浜松まつり(3~5日)の会場にも来場した。緊急事態宣言発令地域からの参加が禁じられた「たこ揚げ」に参加。まつりの組織委員会委員長を務める鈴木康友市長が13日の記者会見で、「慎重に行動いただいた方がよかった」と苦言を呈した経緯がある。

 県内の政界関係者は「浜松市の感染状況は(15日に1日当たりで過去最多の40人の感染が発表されて)まつり時よりも悪化している。東京から出向いて大人数を相手に1時間も話し、会食まですることは理解できない」と塩谷氏の行動を批判。塩谷氏の事務所は今後の行事などへの参加について「感染状況や感染対策などを考慮して個別に判断する」と回答した。

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集