「就活セクシズムやめて」署名1万5000筆 極端な男女二元化にNO

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインの記者会見で、「就活で女性らしさや男性らしさを押し付けるのはやめてほしい」と話す水野優望代表 拡大
オンラインの記者会見で、「就活で女性らしさや男性らしさを押し付けるのはやめてほしい」と話す水野優望代表

 「就活で女らしさ、男らしさを押し付けないで」――。市民団体「Smash Shukatsu Sexism」(SSS)が、就職活動中の身なりや態度について、企業などが学生に女性らしさや男性らしさを求める「就活セクシズム」をやめるよう求める署名活動を始めたところ、1万5000筆を超える署名が集まった。

 SSSは、元就活生や大学生ら約10人で活動する団体。17日にオンラインで記者会見した水野優望(ゆみ)代表が発表した。来春卒業の大学4年生に対する面接などの選考活動が6月1日に解禁され、就活が本格化する。SSSは、署名を就活情報サイトの運営会社やスーツメーカーなどに送る予定で、文部科学省や厚生労働省への提出も検討している。

 SSSによると、スーツメーカーが作ったリクルートスーツのチラシに「(女性の)スーツは黒やグレー、紺がおすすめ」「ノーメークはNG」などの記載があったり、大学が学生向けに教えているマナーには「最終面接ではスカート着用が望ましい」との表現があったりしたという。

 水野さんは、自分の性別を男女どちらでもないと認識する「Xジェンダー」で、「女性らしい格好」をすることに抵抗があったため、就活をやめた経験があるという。水野さんは記者会見で「学生は極端に二元化された男女別のスタイルを押し付けられている。企業や教育機関は、多様な装いが受け入れられるよう提案してほしい」と訴える。署名では「服装マナーによって、つらい思いをしている人がいることを世の中の人に知ってほしい」などの声が寄せられたという。【石田奈津子】

あわせて読みたい

注目の特集