連載

緊急報告ガザ情勢

イスラエルとイスラム組織ハマスが互いに攻撃するガザの情勢。エルサレム特派員が自分の目で見て聞いた現地の様子を伝えます。

連載一覧

緊急報告ガザ情勢

爆風の破片、まだ体内に…子ども巻き添え悲劇の連鎖 ガザの病院

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
空爆の爆風で腹部と右脚を負傷したファイサル・アフマド・ハムーダさん=パレスチナ自治区ガザ地区ガザ市で2021年5月14日午後5時36分、三木幸治撮影
空爆の爆風で腹部と右脚を負傷したファイサル・アフマド・ハムーダさん=パレスチナ自治区ガザ地区ガザ市で2021年5月14日午後5時36分、三木幸治撮影

 イスラエル軍とパレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスの戦闘が続く中、空爆の巻き添えとなる子供たちが後を絶たない。爆風で飛び散ったがれきやガラスの破片が戦闘とは無関係の未成年を襲い、心身を傷つけている。

 「何が起きたのか分からなかった」。14日、ガザ市中心部のシーファ病院。ファイサル・アフマド・ハムーダさん(16)はベッドに横たわり、腹部の痛みに顔をゆがめながら振り返った。

 10日午後6時半過ぎ、ガザ地区北部のジャバリア近郊で、イスラエル軍はハマス関係者が乗っていたとみられるバイクを空爆。爆風でバイクとミサイルの破片が周囲に飛び散った。破片は、約20メートル離れた自宅の前にいたファイサルさんに直撃。腹部と右脚に強烈な痛みを感じ、…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文928文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集