関の小瀬鵜飼が開幕 コロナで2年連続遅れ 観覧船内の飲食禁止

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
観客は、鵜を操る鵜匠の手さばきに見入っていた=岐阜県関市小瀬で2021年5月15日午後7時56分、熊谷佐和子撮影
観客は、鵜を操る鵜匠の手さばきに見入っていた=岐阜県関市小瀬で2021年5月15日午後7時56分、熊谷佐和子撮影

 岐阜県関市の小瀬鵜飼(うかい)は15日夜、例年より4日遅れて漁と観覧船の運航を開始した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が遅れたのは2年連続。今後、県内に国の緊急事態宣言が発令された場合は、休止を検討する。

 当初は11日開幕予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受けた県独自の非常事態宣言の影響で市内の小学生の団体予約がキャンセルとなったため延期していた。乗船客を定員の約7割に抑え、船内での飲食を禁止する感…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

あわせて読みたい

ニュース特集