奈良女子大と奈良教育大、22年4月に法人統合 国立で2例目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2022年の法人統合が決まり、記者会見後に握手する奈良女子大の今岡春樹学長(右)と奈良教育大の加藤久雄学長=奈良市で2021年5月17日、久保聡撮影
2022年の法人統合が決まり、記者会見後に握手する奈良女子大の今岡春樹学長(右)と奈良教育大の加藤久雄学長=奈良市で2021年5月17日、久保聡撮影

 奈良女子大(奈良市)と奈良教育大(同)が2022年4月、大学の運営法人を統合し、新たに「奈良国立大学機構」を発足させることが決まった。両大学の学長らが17日、奈良市内でそろって記者会見し、法人統合の意義やメリットなどを説明した。一つの法人下で複数の大学を運営するのは、国立では名古屋大と岐阜大に続き2例目(北海道の小樽商科、北見工業、帯広畜産の3大学と同時)となる。【久保聡】

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文915文字)

あわせて読みたい

ニュース特集