特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

市職員280人が先行接種 「医療従事者等」と判断 三重・志摩

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米ファイザー製のワクチンが充てんされた注射器=須賀川理撮影
米ファイザー製のワクチンが充てんされた注射器=須賀川理撮影

 新型コロナウイルスのワクチンで、65歳以上の高齢者を対象にした集団接種を前に、三重県志摩市の職員約280人が接種を済ませていたことが17日、市への取材で明らかになった。いずれも集団接種に従事する職員。国基準では対象外とみられる職員もいるが、市は独自に「医療従事者等」にあたると判断し、4月下旬と5月13~16日、2回の接種を済ませたという。

 集団接種は20日から6月27日にかけ、5会場で行う予定。市職員約660人のうち約280人が会場で受け付けや予診票の確認、接種者の誘導、接種後の経過観察などにあたるという。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文572文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集