照ノ富士9連勝で首位維持 1敗消え2差5人 大相撲夏場所9日目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
豊昇龍(左)が外掛けで正代を破る=東京・両国国技館で2021年5月17日、宮間俊樹撮影
豊昇龍(左)が外掛けで正代を破る=東京・両国国技館で2021年5月17日、宮間俊樹撮影

 大相撲夏場所9日目は17日、東京・両国国技館であり、大関・照ノ富士が関脇・高安を際どくはたき込み、9連勝で単独首位を守った。高安は3敗目。大関・貴景勝は小結・大栄翔に押し出されて2敗目を喫し、1敗力士が消えた。9日目を終え、2差をつけて単独トップは2017年九州場所の白鵬以来。

 他の2大関は朝乃山が阿武咲を小手投げで…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文268文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集