中国軍の大規模サイバー攻撃、岐阜県庁や大阪のテレビ局も標的

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岐阜県庁=鮫島弘樹撮影
岐阜県庁=鮫島弘樹撮影

 2016~17年に中国人民解放軍が関与したとされる大規模なサイバー攻撃で、岐阜県庁と大阪府内のテレビ局も標的となっていたことが関係者への取材で判明した。ほかにも攻撃を受けた自治体があるという。いずれも情報の流出は確認されていない。

 岐阜県の担当者は取材に「攻撃を受けた認識はなかったが、今年4月に警察から問い合わせがあった。県のサーバーを確認したが情報が持ち出されたログ(記録)はない」としている。

 これまでに宇宙航空研究開発機構(JAXA)や大手電機メーカー「三菱電機」、重工大手「IHI」、慶応大など200機関が狙われたことが明らかになっている。岐阜県庁を含め、標的となった機関はいずれも組織内のパソコンを一元管理するソフト「SKYSEA(スカイシー)」を導入しており、同ソフトの脆弱(ぜいじゃく)性が狙われたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文518文字)

あわせて読みたい

注目の特集