特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「どうか助けて」 困窮者支援のNPO、食品不足で悲痛な訴え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
生活困窮者に送るため、食品を選んで段ボール箱に詰めるボランティア=名古屋市北区で2021年5月11日10時19分、加藤沙波撮影
生活困窮者に送るため、食品を選んで段ボール箱に詰めるボランティア=名古屋市北区で2021年5月11日10時19分、加藤沙波撮影

 「米が足りない」「缶詰が底を突いた」――。個人や企業などから寄付された食品を生活困窮者に提供しているNPO法人「セカンドハーベスト名古屋」(名古屋市北区)で、こんな悲痛な声が上がっている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で食品を求める人が増え、米(玄米)などの供給量が需要に追いついていないのだ。NPO法人は「予想以上に消費が早く、非常事態。どうか助けていただきたい」と支援を呼びかけている。

 愛知県で緊急事態宣言期間が始まる前日の5月11日。レトルト食品や調味料、菓子などあふれんばかりの食品が並ぶ事務所の一角で、ボランティアが一つずつ食品を手に取り、段ボール箱に詰めていた。東海3県の自治体や社会福祉協議会などから、食品を必要とする困窮者がいるとの「依頼書」が毎日ファクスで届く。そこには家族構成やアレルギーの有無などの情報が盛り込まれ、ボランティアたちはそれぞれの家庭に合った食品を選び…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文833文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集