歴史や文化を次代に 山形のフリー編集者・井上さん 「ジーニカ」創刊 地域の活動、丁寧に記録 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
地域雑誌「ジーニカ」を創刊した井上瑶子さん(中央)と「わたしの会社」の利用者ら=山形市で2021年5月10日、山下俊輔撮影
地域雑誌「ジーニカ」を創刊した井上瑶子さん(中央)と「わたしの会社」の利用者ら=山形市で2021年5月10日、山下俊輔撮影

 山形市在住のフリー編集者、井上瑶子さん(38)が県内の創作活動や市民活動を紹介する地域雑誌「giinika(ジーニカ)」を創刊した。「ここにしかない歴史や文化を次代につなぎたい」。そんな思いが雑誌誕生の原動力となった。【山下俊輔】

 井上さんは愛媛県出身。東京の出版社や広告制作会社などに勤務し、編集者やライターなどとして働いてきた。夫の転勤に伴い、2014年に県内に移住した。

 山形でライターとして働いたり、子育てをしたりする中、子供の主体性を尊重し、子供を中心に保護者や職員も互いに育つ「共育ち」を大切にする保育園や、創意工夫あふれる農家や職人に出会った。「この地に根付く創作活動や市民活動一つ一つに光を当て、丁寧に記録し、あらゆる世代の人たちと共有することはできないか」と考えるようになったという。

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文970文字)

あわせて読みたい

注目の特集