連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

県の「レッドデータブック」って何? /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「滋賀県で大切にすべき野生生物-滋賀県レッドデータブック2020年版」の表紙。1515種の動植物がリストアップされている
「滋賀県で大切にすべき野生生物-滋賀県レッドデータブック2020年版」の表紙。1515種の動植物がリストアップされている

絶滅・減少の恐れ、生きもの記載 年々増加傾向 七つの区分

 なるほドリ 県の「レッドデータブック」という本が出たそうだけど、どういうものなの?

 記者 「滋賀県で大切にすべき野生生物―滋賀県レードデータブック2020年版」ですね。もう消えていなくなりそうな、つまり、絶滅(ぜつめつ)してしまいそうな県内の動植物や、数が少なくなっている貴重な生きものをまとめた本です。05年版から5年ごとに出版されていて、20年版は4回目になります。書店で販売(4400円)されています。

 今回の本には、1515種の生物の情報が載っています。05年版1219種▽10年版1288種▽15年版1439種――と、だんだん増えてきています。

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1645文字)

あわせて読みたい

注目の特集