答えても答えても…自治体悲鳴 重複調査、洗い出し 政府、夏にも集約

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野太郎行政改革担当相
河野太郎行政改革担当相

 政府は自治体などを対象に実施している「業務調査」の見直しに乗り出した。介護施設の職員数や入所者数、伝染病を発症した牛の頭数など、各省庁が回答を求める項目が重複する調査が複数ある。自治体や介護施設の担当者からは「この前、答えたのに、なぜまた答えないといけないのか」と悲鳴が上がっていた。政府は各省庁に重複調査の洗い出しを求め、今夏にも取りまとめた上で改善を図る方針だ。

 「重複した調査が来て回答の負担が大きい」

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1160文字)

あわせて読みたい

注目の特集