特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ ワクチン予約システム改修へ 防衛相「真正な情報確認」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスワクチンの大規模集団接種が架空の接種券番号を使っても予約できる問題を巡り、岸信夫防衛相は18日の記者会見で、予約システムを早急に改修する考えを示した。「例えば市区町村コードなどについては、真正な情報であることが確認できるように、可能な範囲のシステムを改修する」と説明した。

 防衛省は予約システムの管理運営や会場設営などの業務を旅行会社2社に委託している。岸氏は、市区町村コードの確認により「その人の(居住)区域を限定できる。東京会場は(予約システムに)入れてもらう。大阪会場のシステムは別の業者なので、それぞれの考え方で進んでいる」と述べた。さらに「今回のシステムはさまざまなご指摘をいただいており、修正は当初からやっておけばよかったところもある」とし、「修正できる範囲でしっかり対応したい」と強調した。

 一方、防衛省と市区町村の予約システムが連結していないことについては「全国民の個人情報を防衛省が把握するのは適切でない」と述べ、大規模改修を見送る考えを示した。同省の石川武報道官はこの日の記者会見で「改修の内容や時期は検討中。(入力情報を)完全にチェックするには全国民の個人情報が必要になる。限界があると思う」と述べた。【畠山嵩、松浦吉剛】

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1222文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集