特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

青森の病院「不急の診療、一部制限」 病床使用9割 新型コロナ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 青森県五所川原市のつがる総合病院は18日、新型コロナウイルスの感染拡大により、感染者に対応可能な病床の使用率が今月上旬以降、約9割で推移していることを明らかにした。同病院はホームページ上で、安定的な医療の提供に支障が生じることが予想され、「不急の診療に関しては一部制限がかかります」とする文面を岩村秀輝院長名で掲載している。

 同病院によると、五所川原保健所管内では5月10日以降に感染者が急増し、病床使用率が一気に約9割に達したという。今後も感染者の増加が想定されることから、一般病棟で勤務する看護師を新型コロナの病床に配置転換して対応する人員を確保し、一般病棟の入院患者の一部をほかの病院に転院させた。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文505文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集