特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「古里の誇り」復活へ 高田松原を守る会、岩手県と4万本植樹

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高田松原の再生を願い、クロマツを植樹する高田高の生徒と住民=2021年5月18日午前11時43分、中尾卓英撮影
高田松原の再生を願い、クロマツを植樹する高田高の生徒と住民=2021年5月18日午前11時43分、中尾卓英撮影

 東日本大震災の津波で「奇跡の一本松」を除いて流された陸前高田市の高田松原の再生に取り組むNPO法人「高田松原を守る会」が18日、目標としていた1万本の植樹を達成した。2017年から市民や協賛企業などと植樹を続けてきた。県の事業と合わせると計4万本となった。松原は4月から一般開放しており、7月には震災後初めて海開きも行う。

 震災前には約7万本のクロマツやアカマツが立ち並んでいた松原は国の名勝にも指定され、年間100万人の観光客でにぎわう「古里の誇り」だった。津波で壊滅状態となったが、住田町の女性が震災前年に拾った松ぼっくりから種を採取し、山形県酒田市で育てた苗を植樹してきた。活動への賛同者は全国で110人にのぼる。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文643文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集