特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

友達つくりたい京大法学部生ら 20年ぶり「五月祭」復活へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都大法学部の「五月祭」を20年ぶりに復活させようと活動する梁瀬雄平さん(後列中央)ら実行委員会のメンバー=京都市左京区の京都大で2021年5月7日午後0時51分、千葉紀和撮影
京都大法学部の「五月祭」を20年ぶりに復活させようと活動する梁瀬雄平さん(後列中央)ら実行委員会のメンバー=京都市左京区の京都大で2021年5月7日午後0時51分、千葉紀和撮影

 京都大法学部の伝統だった「五月祭(さつきさい)」の20年ぶりの復活を学生たちが進めている。新型コロナウイルスの感染拡大で講義のオンライン化が長引き、学部恒例の新歓合宿も中止となるなど、学生同士がつながる機会が失われていることから企画した。緊急事態宣言の延長により5月中の開催は断念して6月に延期するが、「こんな時だからこそ感染対策を徹底し、五月祭の復活を通して学生の交流を復活させたい」と願っている。

 京大の学祭は「11月祭」が知られるが、法学部では5月実施の司法試験の慰労のため、1964年から独自の学部祭として五月祭を始めた。毎年盛大に開催されてきたが、2001年を最後に途絶えていた。

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1225文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集