特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

陽性判明時に37度未満が6割 退院した和歌山県の第4波感染者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
和歌山県庁=黒川晋史撮影
和歌山県庁=黒川晋史撮影

 新型コロナウイルス感染症の第4波で、退院した和歌山県内感染者の約6割が、陽性判明時点で体温が37度未満だったことが和歌山県の調査で判明した。37・4度までの微熱を含めると7割近くに上り、県は「周囲への感染拡大を抑える意味でも、少しでも体調不良があったら早期に受診することが大切だ」としている。

 第4波とする3月14日以降で、4月24日までに退院した感染者455人の最高体温の推移を考察した。陽性判明時は、無症状者53人を含めて37度未満が272人(59・8%)で最も多く、37・0~37・4度は42人(9・2%)だった。37・5度以上は計141人で、このう…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文699文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集