根室沖で体長2mの超特大オヒョウ水揚げ 漁労長もびっくり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
身長180センチの漁労長、福士栄太さんの背を超える超特大オヒョウ=北海道根室市で2021年5月17日、福士さん提供
身長180センチの漁労長、福士栄太さんの背を超える超特大オヒョウ=北海道根室市で2021年5月17日、福士さん提供

 北海道根室市沖で体長約2メートルのオヒョウが水揚げされた。畳ほどの大きさがあるため、「畳オヒョウ」と呼ばれ、戦前はしばしば水揚げされたが、近年は珍しいという。

 根室半島の沖合3キロで春定置網漁をしていた歯舞漁協所属の「第8福栄丸」が17日午前5時半ごろに水揚げした。重さは約92キロ。身長180セン…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

あわせて読みたい

注目の特集