特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

人出減→感染者減「以前より時間要している」 専門家組織指摘

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 新型コロナウイルスの感染対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」(座長・脇田隆字国立感染症研究所長)は19日、重症化しやすいとされ、流行の主流となっている変異株について「人流(人出)の減少が感染者数の減少につながるまで、以前よりも長い期間を要している」と指摘した上で、国や自治体に必要な対策を講じるよう促した。

 国内の感染は、英国で見つかったN501Y変異株にほぼ置き換わったとみられ、「変異株の感染性の高さも踏まえ、必要な対策をタイムリーに実施する」よう求めた。インドで確認されたL452R変異株については、N501Y変異株から置き換わりが進んでいるとの海外報告がある。これについて「(N501Y変異株よりも)感染性が強い可能性も示唆されている」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文636文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集