障害、芸術通し超えて 夢を育てる場つくる 江津でアート展、23日にイベント /島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
島根県江津市総合市民センター1階に並ぶ障害者のアート作品=島根県江津市で、萱原健一撮影
島根県江津市総合市民センター1階に並ぶ障害者のアート作品=島根県江津市で、萱原健一撮影

 江津市内の福祉事業所や養護学校に通う障害者らが制作したアート作品展が市総合市民センター(同市江津町)で開かれている。県障がい者文化芸術活動支援センター「アートベースしまねいろ」(同市二宮町)と市教委の主催で、1年かけた貼り絵や地元の海岸線の写真、神楽面、刺しゅうなど、9~74歳の37人による49点。入場無料、6月21日まで。5月23日には音楽会やアート体験などのイベントが予定され、主催者らは「個性あふれる芸術を通し、障害のあるなしを超えて一緒に楽しめる場にしたい」と来場を呼び掛けている。【萱原健一】

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1312文字)

あわせて読みたい

ニュース特集