特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

保育士、自治体幹部、近隣住民… 余剰ワクチン、接種ルールに苦慮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン。余剰分の扱いは自治体によってさまざまだ=福岡市で2021年4月15日、矢頭智剛撮影
米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン。余剰分の扱いは自治体によってさまざまだ=福岡市で2021年4月15日、矢頭智剛撮影

 新型コロナウイルスのワクチン接種で、自治体が、急なキャンセルで余った分の対応に苦慮している。高齢者に対して接種が進められているが、国から配分された貴重なワクチンの余剰分を、誰に接種するのか――。公平性や効率に配慮しながら、独自のルール作りに追われている。【駒木智一】

保育士に待機を依頼

 「幼児施設や小中学校で、クラスター(感染者集団)を防ぎたい」。山形県南陽市の白岩孝夫市長は、自身のツイッターにこう記し、同市はキャンセル分を、市立保育園の保育士への接種に決めた。

 実際、高齢者施設で接種が行われた際、複数の保育士が自宅で待機。1人がキャンセル分を接種した。担当者は「今後キャンセルの増加も予想される。民間の保育士に待機を依頼することも検討する必要が出てくる」としている。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文848文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集