「ベルセルク」作者の漫画家・三浦建太郎さんが死去 54歳

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
三浦建太郎さん=2019年12月、佐治純一氏撮影(白泉社提供)
三浦建太郎さん=2019年12月、佐治純一氏撮影(白泉社提供)

 漫画「ベルセルク」などで知られる漫画家の三浦建太郎(みうら・けんたろう)さんが6日、急性大動脈解離のため死去した。54歳。葬儀は家族で営んだ。お別れの会などの実施は未定。

 三浦さんは1985年に週刊少年マガジン(講談社)掲載の「再び…」でデビュー。88年には月刊コミコミ(白泉社)で読み切り作品「ベルセルク」を発表、翌89年から連載を開始した。同作は現在も「ヤングアニマル」(同)で連載中で、単行本の刊行は40巻に上る。主人公のガッ…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

あわせて読みたい

注目の特集