「障害者は戦力」 企業と橋渡し 特性に応じた環境整備目指す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
障害者雇用コンサルタント会社「CtoB」代表取締役、熊内弘次さん=神戸市東灘区で2021年5月6日午後2時3分、桜井由紀治撮影
障害者雇用コンサルタント会社「CtoB」代表取締役、熊内弘次さん=神戸市東灘区で2021年5月6日午後2時3分、桜井由紀治撮影

 多様な人材が活躍する共生社会の実現が叫ばれて久しい。だが、障害のある人たちの働く場はなかなか広がらない。障害者雇用コンサルタント会社「CtoB」(神戸市東灘区)の代表取締役、熊内弘次さん(63)は「特性に応じた職場環境を整えれば、障害者は重要な戦力になる」と力を込める。【まとめ・桜井由紀治】

数合わせとしか考えない企業が多い

 障害者雇用に対して企業の取り組みはまだ鈍いのが現状です。潜在能力は高いのに、働けていない障害者が多数います。

 企業などに一定割合の障害者を雇うよう義務付ける法定雇用率があります。私は障害者と企業の橋渡し役をしていますが、ある企業から「雇用率の達成まで2人足りないから、手配して」との依頼がありました。商品発注と勘違いしているかのような依頼で、私は断りました。障害者を雇用率の数合わせとしか考えない企業が多すぎます。

この記事は有料記事です。

残り1748文字(全文2119文字)

あわせて読みたい

ニュース特集