特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ抗体、1年後も感染者の97%保有 横浜市立大が解析

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 横浜市立大の研究チームは20日、新型コロナウイルス感染症から回復した人の97%が、感染から1年経過しても、従来株を無力化する抗体を保有していたとする解析結果を発表した。ただ、軽症や無症状者は保有率が下がり、変異株に有効な抗体を持つ人の割合も従来株より少なかった。同大の山中竹春教授(臨床統計学)は「1年後に感染を防ぐ量の抗体があったとしても、全体量としては減少している。ワクチンの接種でも同様の状況と推定され、1年程度で再接種することが望ましいのではないか」と話している。

 ウイルスに感染したり、ワクチンを接種したりすると、体内に免疫の抗体が作られ、侵入したウイルスに取り付くことで、人の細胞への感染を防ぐ。抗体の持続期間は分かっていないことが多く、ワクチンの接種頻度などにも関わる。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文884文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集