特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 五輪キャンプ地、医療不安 「県民の病床奪う」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京オリンピック・パラリンピックで、試合直前まで海外選手を受け入れる事前キャンプ地の自治体が、新型コロナウイルスに感染した選手の医療を担うことに懸念を示している。選手は入国後14日間の待機措置が免除されてキャンプ地で練習できるため、感染時はその地域の医療機関で対応する形だ。自治体からは「県民の医療資源を奪う」「大会期間中と同様に大会組織委員会が責任を持って対応すべきではないか」との声が出ている。

 五輪の新型コロナ対策を巡っては、競技が実施される茨城県が「(組織委から)選手の専用病床の確保を求められた」として反発。組織委が「病床を空けておいてほしいということではない」と火消しに追われるなど波紋が広がっていた。今回は、大会前キャンプ地の医療対応にも懸念の声があることが判明した。

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1315文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集